資料館

FS507 FS007 / 名古屋鉄道モ880形

2007.11.01
 
316:FS507
FS507(両端M台車/882) 写真:2003.5.10 競輪場前 高橋一嘉
317:FS007
FS007(連節部T台車/882-883) 写真:2003.5.10 競輪場前 高橋一嘉
 1980(昭和55)年に登場した名鉄美濃町線用の連節車モ880形の台車。モ880形は岐阜600V線区用としては1957(昭和32)年に登場したモ590形以来の完全新造車であり、空気ばね台車、カルダン駆動(TD継手)、ともに同線区では初の採用であった。台車枠はプレス鋼板溶接組立。端台車がM、連節台車がTの配置で、基礎ブレーキ装置はMTとも踏面片押し。
 モ880形は2005年の美濃町線廃止により全車福井鉄道に譲渡されている。
軸距:1700mm 車輪径:660mm 軌間:1067mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:空気ばね

A streetcar of Gifu. MO-880 types of Nagoya Railroad 1980 production. It is a streetcar of Fukui now.
2007.11.1作成
参考文献
「名鉄美濃町線モ880形新造車の概要」柚原 誠(『鉄道ピクトリアル』383号所収/1980年 電気車研究会)
LINK
路面電車
名古屋鉄道
福井鉄道
C-9 FS363 FS363T FS507 FS007 FS567 ND‐108 ND-108A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加