資料館

NS-11 / 広島電鉄350形

2011.12.02
 
655:NS-11
NS-11(353)
軸距:1600mm 車輪径::660mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:コイルばね

 1958(昭和33)年に登場した広島電鉄850形(現350形)の台車。850形は市内線から宮島線への直通運転を予定した間接制御車。台車も近代的なプレス鋼板溶接組立の台車枠を採用した。ただし、後続の直通車2000形のような、1台車2個モーターではなく、当時の市内線専用車より出力の大きい50kWのモーターを1台車に1基装備する。
A 350 form streetcar of Hiroshima Electric Railway. I am made in 1958.
今も市内線専用車として活躍を続ける350形。 2011.5.24 宇品二丁目 P:高橋一嘉
2011.12.2作成
LINK 広島電鉄の台車 路面電車の台車
参考文献
復刻版 私鉄の車両3 広島電鉄』飯島 巖 青野邦明 荒川好夫
(2002年 ネコ・パブリッシング)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加