資料館

日本車輌S形 / 静岡鉄道デワ1

2007.05.21
 
261:日車S形
日本車輌S形(海側) デワ1 写真:2007.5.20 長沼車両工場 高橋一嘉
259:日車S形
日本車輌S形(山側) デワ1 写真:2007.5.20 長沼車両工場 高橋一嘉
 日本車輌が大正から昭和初期にかけて製造した電車用単台車。米国J.G.Brill社の名品、Brill21Eをモチーフに国産化したもので、各地の路面電車を中心に、各々の仕様に合わせ軸距などを変更しつつ多数製造されたが、現在線路上に残るものは数少ない。写真は静岡鉄道の電動貨車デワ1(1926/大正15)年製のもの。輸入品のスケッチから始まった初期の国産台車の姿を今に伝える貴重な存在である。
軸距:2591mm(8ft6in) 車輪径:838mm(33in) 軌間:1067mm(3ft6in)
Electric freight train Dewa-1 of Shizuoka Railway
現在も素晴らしい状態で保管されているデワ1。正に“静岡の至宝”と言うべき存在である。 2007.5.21作成
参考文献
『日車の車輌史 写真・図面集-台車編』
日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会(2000年 鉄道史資料保存会)
「台車のすべて(1)(2)」吉雄永春(『鉄道ピクトリアル』No.78・79所収/1958年 電気車研究会)
LINK
これまでに収録した静岡鉄道関連の台車 日車S形 FS363 FS363T TS-812 TS-813
これまでに収録した路面電車関連の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加