資料館

FS399 / 京阪電気鉄道1000系

2006.11.08
 
198:FS399
 1977(昭和52)年に登場した京阪1000系のT台車。M車は川崎重工製のKS-77Aを履いているが、このFS399も電装を考慮した設計である。軸箱支持方式は2000系以来、住友製の京阪向け台車の定番となっていた緩衝ゴム式。基礎ブレーキ装置は踏面片押しである。なお、この派生形式であるFS399Aが5000系に、FS399Cが2600系に採用されている。
 写真は1553号のもの。
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:緩衝ゴム式 枕ばね:空気ばね
 
写真:2006.7.26 寝屋川車庫 高間恒雄
1000系
更新によって大きく表情が変わった1000系。 写真:2006.4.17 滝井-千林 高間恒雄 2006.11.8作成
参考文献
「住友金属の台車30」鈴木光雄(『鉄道ピクトリアル№485』所収/1987年 電気車研究会)
復刻版私鉄の車両15 京阪電気鉄道
飯島 巖・青野邦明・諸河 久(2002年 ネコ・パブリッシング)
LINK これまでに収録した京阪電気鉄道関連の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加