資料館

C-DT60A C-TR249 C-TR250 / JR東海キヤ95系

2006.10.28
 
 1996年に登場したJR東海の軌道・電気総合検測車キヤ95系の台車。キハ75系のC-DT60をベースとしたものである。
189:C-DT60A
C-DT60A(キヤ95-101)
 編成両端のキヤ95形が履くヨーダンパ付のボルスタレス台車。信号関係の測定機器の取り付け枠が設けられている。基礎ブレーキ装置は踏面両抱き。
軸距;2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:円錐積層ゴム 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

190:C-TR249
C-TR249(キサヤ94-1 両端)
 3台車方式で軌道検測を担当するキサヤ94形の両端台車。C-DT60Aと同じくヨーダンパ付のボルスタレス台車だが、基礎ブレーキ装置は踏面片押し。軌道測定用機器の取り付け枠がばね下に取り付けられており、軸距は2300mmと長い。
軸距:2300mm 車輪径:860mm
軸箱支持:円錐積層ゴム 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

191:C-TR250
C-TR250(キサヤ94-1 中央)
 キサヤ94形の中央台車で、C-TR249と同じく軌道測定用機器の取り付け枠がばね下に取り付けられている。この台車のみボルスタ付で、枕ばねもコイルばねを使用する。基礎ブレーキ装置は踏面片押し。
軸距:2300mm 車輪径:860mm
軸箱支持:円錐積層ゴム 枕ばね:コイルばね(ダイレクトマウント)

写真:1996.9.21 名古屋車両区 RM
ドクター東海
JR東海の在来線のみならず接続する第3セクター鉄道の検測も行うキヤ95系。2005年には第2編成も増備されている。 2006.10.28作成
JR東海キヤ95系:RailMagazine161号参照
LINK
これまでに紹介したJR東海の台車
これまでに収録した国鉄気動車関連の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加