資料館

DT959 TR918 / JR東日本NE@train

2006.10.20
 
186:DT959
DT959
187:TR918
TR918
 世界初の燃料電池/蓄電池ハイブリッド鉄道車輌の試験車となったJR東日本のNE@train(元キヤE991-1)の台車。E231系のDT61/TR246系をベースとした軸梁式のボルスタレス台車で、1輌で一方を動台車、もう一方を付随台車としている。寒冷地での運用に対応した耐寒耐雪仕様であり、付随台車の1軸には駐車ブレーキを搭載している。
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:軸梁式 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

写真:2006.10.19 東急車輛製造横浜製作所 RM(K)
NE@train
燃料電池/蓄電池のハイブリッド鉄道車輌に進化したNE@train。床下には登場時の内燃機関、発電機、軽油タンクに代わって、新たに2基の燃料電池と水素タンクが搭載されている。 2006.10.20作成
NE@train(燃料電池仕様):Rail Magazine280号参照
キヤE991-1(登場時):Rail Magazine241号参照

  • このエントリーをはてなブックマークに追加