資料館

TS-321A / 伊予鉄道クハ850形

2005.10.25
 
22:TS-321A
 京王帝都電鉄2010系の中間車であったサハ2500・2550形のうち、2522・2523・2572・2573の4輌で使用された空気ばね台車である。ボルスタアンカがなく、低く垂下した側梁の上に載るベローズ式の空気ばねが目立ち、独特の雰囲気を持つ。これら4輌は1984(昭和59)年に廃車されたが、サハ2500・2550形は2573を含む6輌が伊予鉄道に譲渡された。この一部にTS-321Aが1067㎜軌間に改軌のうえ組み合わせられた。
 写真は伊予鉄道クハ851(元京王サハ2525)が履いていたもの。伊予鉄800系は2010年に全廃されたが、一部は銚子電鉄に再度譲渡されている。
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:空気ばね
写真:2005.10.16 横河原 高橋一嘉

伊予鉄クハ851
京王2010系の譲渡車である伊予鉄800系は、1984(昭和59)年からMc-T-Mcの3連6編成が投入されたが、1993年から昼間時2輌運転のため、元京王サハ2500・2550形である中間車サハ850形に先頭車化改造が施され、クハ850形になった。新設運転台は裾絞りこそないものの、遠目には見間違えるほど京王5000系(伊予鉄700系)そっくりの造形である。
参考文献
『鉄道ピクトリアルNo.578』(1993年 電気車研究会)
2005.10.25作成 2011.2.22更新
LINK
これまでに紹介した京王電鉄関連の台車のリンク
これまでに収録した伊予鉄道関連の台車
これまでに収録した銚子電鉄関連の台車
雨宮板台枠改 FS316 TS-307 TS-321A NA-318T

  • このエントリーをはてなブックマークに追加