資料館

NA-315/長野電鉄2000系D編成

2005.12.24
 
48:NA-315
NA-315(モハ2008) 
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:軸箱守(ウイングばね) 枕ばね:空気ばね

 長野電鉄の特急電車2000系D編成の台車である。2000系は1957(昭和32)年が製造初年だが、D編成は1964(昭和39)年の増備車であり、A~C編成のNA-4P(M台車)/NA-4(T台車)では枕ばねがコイルばねであったのに対し、D編成では空気ばねを採用したNA-315(M台車)/NA-315T(T台車)に変更された。軸ばねはNA-4のようなゲルリッツ式に似た釣り下げ方式ではなく、当初から一般的なウイングばねである。写真は長野方先頭車モハ2008のNA-315。
2000D.jpg
参考文献:
『日車の車輌史 図面集-戦後私鉄編』
日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会(1998年 鉄道史資料保存会)
2005.12.24作成 2011.2.18更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加