資料館

中央本線/長坂―小渕沢

2007.09.28
中央本線でロクヨン・センバン
6410000.jpg
2007.2.8
山本秀一(京都府)
【ガイド】中央東線では、EF64が撮影し辛くなっているが、午前中、南松本へ向けてのコンテナ列車2083レは、1000番台であるがEF64けん引の撮影可能な貴重な列車である。この撮影地は、有名な長坂のカーブポイントのさらに先の踏切を越えた直線区間を俯瞰気味に、鳥久保集落の段々畑から下り列車を撮影する。
昼前から側面に日が当たり午後遅く順光になるが、2083レは側面にかろうじて陽が当たるくらい。集落の道路は大変狭く、撮影地への道には車での進入は、しないほうが良い。
【レンズ】50~70mm
【アクセス】中央本線長坂駅より小渕沢方面へ2.5キロ、カーブポイント手前のガードを潜り、一つ目の角を右折、次の十字路を直進、集落の坂道を上がりきる手前に右へ入れる小道があり、田畑に出ると小さな神社(地図には無い)がある前がポイント。中央道・長坂インタから西へ2キロ10分程度。
【国土地理院1/25,000地形図】小淵沢
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。
■『国鉄時代』vol.11好評発売中!
詳細はこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加