資料館

内房線「SL南房総号」を撮る

2007.01.30
kazusaminato_2.jpg
↑上総湊―竹岡の湊川橋梁。曇りの日は海側から狙える。
2006.1.28
山下 遼(神奈川県)
【ガイド】 内房線木更津~館山にD51 498牽引で「SL南房総号」が運転される。運転日は2月3日、4日、10日、11日、12日で、時刻は木更津9:20→9:34君津9:36→青堀(通過)→9:52大貫10:12→佐貫町(通過)→上総湊(通過)→10:37竹岡10:39→10:48浜金谷11:06→保田(通過)→安房勝山(通過)→11:25岩井11:33→11:44富浦11:46→那古船形(通過)→12:00館山(駅名左:着/駅名右:発)。
木更津から佐貫町までは平凡な田園風景。佐貫町を過ぎると線路は山に分け入っていく。佐貫町の上総湊寄りにあるトンネルまでは上り勾配10‰で、煙が期待できるが、順光側に架線柱があるのが難。二つめのトンネルと三つ目のトンネルの間は線路が海に迫り、サイドから東京湾を背景に狙える。晴れた日は富士山が望める絶景だが、下り勾配で煙は期待できない。架線柱は山側。
上総湊を出ると湊川河口に架かる鉄橋を渡る。渡りきった辺りから上り勾配となるため、煙が期待できる。架線柱が順光側なので、曇りの日海側から狙うのがいいだろう。
竹岡―浜金谷の竹岡より二つ目のトンネルの先にある鉄橋も、サイドから東京湾を背景に狙える。内房線は車窓からの眺めはいいのだが、海を背景に写真をとろうと試みると、引きの取れる足場がなく苦労する。
浜金谷を出ると運転区間最長の鋸山トンネルに入る。この保田側の出口付近は、鋸山を背景にした緩やかなカーブで人気のあるポイント。しかし、下り込みなので煙は望み薄。保田の先で盛大に煙を上げるのを望見したが、撮影の足場があるかどうかは未確認。岩井駅北方に池がありそのほとりを築堤が伸びている。
hota1.jpg
保田駅北方の鋸山を背景にしたポイント。
岩井を出た列車は大きくカーブを描き海岸線に出るが、この付近は上り勾配となっている。その先海岸沿いから岩富トンネルを頂点とした山越えにかかるが、線路の周囲は狭隘な地形のため取りづらそうだ。富浦から先は平凡な風景が続き、平久里を渡ると館山市街地に入る。
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加