資料館

JR西日本 681系1000番代 V01編成

2017.09.21
20170921134732-07d3548aaa5710ed0a5f43530d34b66efb16ac10.jpg
1992年に登場した681系先行試作車を2001年に量産車と同じく6+3連にする改造工事で誕生した富山寄り3連の付属編成で、非貫通先頭車であるクハ681のスカートが基本編成側のものと異なる。改造後は金沢総合車両所に所属し、T18編成を名乗り、特急「サンダーバード」で活躍。その後京都総合運転所(当時)に転属し、V01編成として引き続き特急「サンダーバード」で活躍した。2015年3月の北陸新幹線金沢延伸に伴い、方向転換・塗装変更され、特急しらさぎとして活躍することとなる。しかし、同年6月に元・北越急行681・683系の塗装変更完了により、特急しらさぎの運用から離脱した。その後、所属先の京都に返却され、相方であるW01編成は塗装変更され、特急サンダーバードの運用に復帰したが、当編成は塗装変更されることなく、2015年9月9日に廃車となり、681系の廃車第1号となった。 ’13.11.7 北陸本線 金沢 P:宮永一輝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加