資料館

EF200-901

2016.12.13
20161213140036-7df2dfccba0cfeddaff14d84316e6b93ee22734c.jpg
1990年(平成2年)3月に日立製作所で完成したEF200の試作機。機関車では最強となる 6,000 kW の出力で 1,600 t 牽引を可能とし、VVVFインバータ制御など新機軸も多数盛り込まれた。新鶴見機関区に配置された試作機901号機によってさまざまな試験を行い、1992(平成4)年から量産を開始した。しかし、変電所の問題から1,600t牽引は実施されず製作は21輌で打ち切られ、出力を制限して運用、持てる力を出し切らないまま使用された。901号機は2015(平成27)年に東海道本線で貨物列車牽引中に故障を起こし、吹田機関区に留置され、2016(平成28)3月31日付けで廃車となった。現在は日立製作所水戸事業所に静態保存されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加