資料館

クモハ12040

2016.10.05
20161005120531-8e6850a724555430f9378a4e17deb78570be9a86.jpg
1927(昭和2)年に川崎造船所で製造されたデハ73314で、1928(昭和3)年にモハ30130に改番された。1953(昭和28)年の称号規程改正にてモハ11073と再度改番され、さらに更新修繕によってモハ11153に改番された。1959(昭和34)年の形式称号改正でクモハ11153となるが、昭和34年に福塩線で早朝夜間の単行運転用として幡生工場で後位に運転台を増設し、クモハ12040に改造された。岡山電車区を経て1972(昭和4)7年に陸前原ノ町電車区に転属し、事業用車代用となり、主に構内入換えとして使用され、1982(昭和57)年に廃車された。同車はモハ12の中で唯一旧モハ30系からの改造車であった。 ’82.8.20 陸前原ノ町電車区 P:前 直也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加