資料館

C58 297

2016.02.03
20160203120329-762cab990fca0670178948e09ba50ad248cdf7f6.jpg
昭和16年川崎車両で竣工、昭和30年には一ノ関機関区に配属されていてた。その後昭和40年には佐倉機関区に配属されていて、昭和42年には第2休止となり電化と共に廃車解体された。写真は、佐倉-物井間の旧線で「亀崎橋梁」を渡るところで、中央の石垣は現在も旧線の遺構として残る。下を流れる川(案内看板のは「物井川」とあるが地図では「鹿島川」となっている)は河川改修のため、現在とは流れを変え橋梁自体も現存はしない。 総武本線 佐倉-物井(旧線) P:田中健吉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加