資料館

EF61 1

2015.07.31
20150731115222-30ccad80e488e84a3ea5a1323a399f00e3ededb2.jpg
わずか18輌という小世帯で、比較的短命に終わったEF61 基本番代のトップナンバー機。1961年川崎製。SG搭載のため、車長は17.6mとEF60・EF65より長く、そのサイドビューは欧州的でスマートな印象があった。新製配置は宮原機関区、EF60 500番代登場までは、寝台特急「あさかぜ」の牽引実績もあるが、1969年に広島機関区に転属。下り急行「しろやま」「屋久島」、上り「阿蘇」等、限定的に急行列車牽引に充当されものの、主たる仕業は小荷物列車と貨物列車であった。晩年は、荷31列車・同38列車等の先頭に立ち、浜松~下関間でその姿が見られたが、この1号機は1984年に廃車となっている。  EF61 1〔広〕 東海道本線 新大阪 ’80.4.12 P:中司純一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加