資料館

415系 K533編成

2015.07.27
20150727150119-d8e7adfa4c3a2befd4b4a66c9dacaf24a349e471.jpg
国鉄時代末期の1986年2月に211系の車体・台車に415系鋼製車の電装品を組み合わせた415系1500番代が登場した。K533編成は1988年12月に製造された 上野・小山寄り クハ411-1623 モハ414-1523+モハ415-1523 クハ411-1523 原ノ町寄りから成る勝田車両センター所属車である。長らく常磐線上野口中距離電車として運用された後、2007年3月ダイヤ改正にてE531系化により上野口を追われ友部−原ノ町(常磐線)と水戸線に活躍の場を移した。しかし2014年12月より増備が再開されたE531系附属編成により余剰となり、2015年6月23日郡山総合車両センターに廃車回送された。 ’08.9.7 常磐線 いわき P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加