資料館

キハ48-5805

2015.04.21
20150421160152-25bd3606a4fb2fc3195548f8f29a3ddc57fe81fb.jpg
空気バネDT44系台車を装備する寒地向け便所付きのキハ48-513として1979年7月美濃太田機関区に新製配備された。JR化後床下搭載型による冷房化改造を受けた。1998年5月エンジンをC-DMF14HZB(カミンズ350PS)に換装、キハ48-5505に改番された。1999年伊勢車両区に転属、活躍の場を紀勢本線・参宮線に移した。2000年12月ワンマン化、キハ48-5805に改番された。2015年4月初旬、美濃太田車両区より検査期間が長く残るキハ48が転属、余剰となったキハ48-5805はミャンマーに譲渡されることになった。 ’10.11.2 紀勢本線 阿曽-伊勢柏崎 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加