資料館

EF58 117

2015.04.03
20150403122632-af25c9867d01de3e359c4e943bb48da27878c7eb.jpg
1957年東芝府中工場製。新製配置は東京機関区。特急塗色になって、ブルートレインを始めとする東海道・山陽本線の優等列車などに活躍。前端梁に電源車制御用のジャンパカプラーが取り付けられている。1963年宮原区に転属、その後下関区→広島区と移る。ブレーキを改造された20系に対応するため空気関連装備を改造(元空気溜め管ホースの増設)いわゆる”P改造”され、関西発着の九州ブルトレの牽引など再び華々しい活躍を見せた。1975年3月新幹線博多開業を機に行われた九州方面の夜行列車削減により、宇都宮運転所に転属、東北本線に活躍の場を移す。1983年6月廃車。 ’74.5.3 山陽本線 瀬野-八本松 22レ「あかつき7号」 P:山下修司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加