資料館

西日本鉄道 100形ク155

2014.06.26
nishi155-19811113.jpg
ク54として1928年製造された車長15mの木造車。1952年には100形に組込まれモ110+モ112+ク54となり大牟田線系統最後の営業用木造車として運用された。1960年、100形と同一の15.6m車体が新製されク155(2代目)に改番された。100形は1975年から廃車が始まり1984年に全廃となった。尚、初代ク155は1952年に中間電動車化されたモ112である。 ’81.11.13  西鉄大宰府線 大宰府 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加