資料館

DD11 5

2014.04.23
DD115-198905.jpg
元国鉄のDD11 5。1957年汽車製造会社大阪工場で製造(製番2760)され、呉に配置されて入換作業等に使用された。その後、1976年八戸通運への譲渡を経て、1984年には日本通運新旭川営業所へ再び譲渡された。転入後、山陽国策パルプ旭川工場の専用線でDD11 6(1981年、協三工業製、35t機)とともに使用された。工場では、ワム(後にコンテナ化)による紙出荷、硫酸・苛性ソーダ・石油類の受け入れを行っており、これらの貨物を新旭川駅で受け渡ししていた。一時期DD11 6の調子が悪く、DD11 5は予備機として配置されている。老朽化のため1990年頃DE15 2503に置き換えられ廃車された。なお、専用線も1997年9月廃止され、トラック輸送に切り替えられた。 ’89.5 宗谷本線 新旭川 P:佐々木裕治

  • このエントリーをはてなブックマークに追加