資料館

183系 OM102編成

2014.01.06
20140106_183.jpg
北向き クハ183-1012 モハ182-1045+モハ183-1045 モハ182-1028+モハ183-1028 クハ183-1505 南向き から成る、大宮総合車両センター所属の波動輸送用車輌である。中間のモハ183/モハ182ユニット4輌はグレードアップ車である。写真は雪の石打駅で待機する快速「シーハイル上越」、クハ183-1012の特急マークは撤去されているのでやや間が抜けた印象を感じる。2013年3月以降185系が波動輸送に進出、老朽化の進む183系OM102編成は引退し2013年11月末長野総合車両センターに送られた。 ’08.1.20 上越線 石打 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加