資料館

107系 N2編成

2013.08.06
107-n2-090327.jpg
1988年5月~8月にJR東日本各車両工場で製造されたクモハ107+クハ106から成る107系0番代8編成。165系から台車、電装品(歯車比は5.60に変更)、クハ106用AU13E分散型クーラーを流用している。両開き3扉の車体にロングシート、クハ106にはトイレを装備する。小山電車区に配備され日光線で活躍した。老朽化により205系600番代にその任を譲り2013年3月ダイヤ改正で引退した。写真のN2編成(クモハ107-2+クハ106-2)は1988年5月大宮工場で製造、パンダグラフ1基で登場し1998年霜取り用パンダグラフが増設された。塗装は公募により選ばれ、白地に緑色のNラインを配していた。2008年3月日光駅舎のエンブレムとデザインマーク(神橋)の貼り付け、2009年3月レトロ調ツートン塗装に変更された。2013年6月に廃車となった。 ’09.3.27  東北本線 宇都宮 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加