資料館

EF66 901

2013.03.12
PICT0769.jpg
EF66 901は、1966年にEF90として川崎電機・川崎車輌で制作された試作機関車で高速貨物列車用機関車として各種試験が行われた。1968年に量産車が制作されると量産車改造が行われEF66 901となった。国鉄民営化でJR貨物に継承されて吹田機関区に配置された。1996年末に保留車となり2001年広島車両所で解体された。 ’84.8 浜松機関区 P:藤村巌雄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加