資料館

クハ489-702

2012.07.19
tc489-702 080311.jpg
1974年横川側非貫通型先頭車クハ489-700番代が4輌登場した。形態はクハ481-300に準ずるが、片渡り構造・EF63連結のためジャンパ栓受けの数が異なり、助手席下にCPを搭載しないため点検蓋がないなど若干異なる部分があった。1985年の「白山」削減や1998年長野新幹線開業により489系が充当される列車減ったためJR西日本は余剰の489系を北陸特急に転用した。写真のクハ489-702は京キトA05編成として「雷鳥」で活躍したが2010年秋に廃車となった。 ’08.3.11 北陸本線 加賀温泉 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加