資料館

113系 3800番代

2012.04.04
kie_120404_113.jpg
国鉄福知山線電化時に113系初期車を改造した113系800番代が投入された。JR西日本七尾線電化時に再改造されクハ111+モハ113+クモハ112となった。2001年さらにモハ113がクモハ113に改造、ワンマン化され3800番代を名乗った。クモハ113-3800は切妻のまま運転台が設置され、旧型国電のような顔付きとなり注目を集めた。篠山口-城崎温泉で地域輸送を担ったが2008年8月新造車223系5500番代にその任を譲り引退した。 ’08.3.9 福地山線 篠山口 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加