資料館

キハ65「エーデル丹後」

2012.04.03
kie_ha65tango 090429.jpg
キハ65改造車エーデルシリーズの第一弾として1998年に登場、電化区間は485系北近畿に牽引され北近畿タンゴ鉄道には単独で自走した。KTR8000タンゴディスカバリーにその任を譲り晩年は波動輸送で活躍し、2010年3月に廃車された。エーデルシリーズではこの2輌のみ一般室側窓も座席2脚分に拡大されており、展望室一般室とも明るく開放感に溢れていた。写真は旧餘部橋梁観光用に運転された快速あまるべマリン。この列車に乗車したが、金魚鉢のような展望室は冷房の効きが弱く4月末でもかなり暑い思いをした。 ’09.4.29 山陰本線 浜坂 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加