資料館

小坂精錬DD130形 DD131

2011.02.03
110203_kosaka.jpg
通称小坂鉄道とも呼ばれる小坂線には、鉱山閉山後も主に濃硫酸を鉄道輸送していた。貨物輸送は1日2往復運行で機関車は単機運転が基本だが、急勾配もある小坂から茂内間を走行する上り列車は3重連で運行されていた。しかし2008年3月で列車による濃硫酸の出荷が終了し、翌年4月には全線廃止となった。 ’97.4.29 長岡 行夫 DD130形DD131 P:長岡 行夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加