資料館

DD13 600番代

2010.07.27
kie_dd13_600.jpg
ヤード構内での入換えを主に開発された機関車である。外観はセンターキャブ形状で左右に1基のエンジンを搭載し、1958年から1967年までに基本番代264輌、300番代83輌、500番代18輌、600番代51輌の計416輌が製造された。この600番代は最終グループで主な特徴は重連総括制御方式が採用されている。 ’87.5.2 東新潟機関区 P:長岡行夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加