資料館

DD51 16

2010.01.06
FNO8003-03%208005%20DD5116%20HIDEYA.jpg
幹線・亜幹線の標準機ともいうべきDD51は649輌製作された。この16号機はDD51の基礎を固めたとされる3次型の1輌で、車体塗装やラジエターカバーの取付穴形状等が大きく異なっている。製造メーカが現在の「三菱重工業」の前身である「新三菱重工業」製で、このメーカーズプレートを装着していたのは649輌中でたった6輌であった。 ’80.5 磐越西線 日出谷 P:長岡行夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加