資料館

秩父鉄道500形

2009.10.29
091029_naganosensei.jpg
1962(昭和37)年、従来からあったセミクロスシートの300系に比べ、ローカル用として新性能車ながら2扉ロングシートの500系が誕生した。平成の時代に入り、元国鉄の101系中古車(秩父鉄道1000系)や元東急のオールステンレスカーの7000系(秩父鉄道2000系)などの入線に伴い1991年頃に引退した。現在では秩父鉄道も東急の中古車、8500系を導入しているが昭和30年代の地方私鉄は秩父鉄道のみならず、自前の新車を登場させたものであった。 ’87.4 長瀞 P:永野晴樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加