資料館

近畿日本鉄道ク6511形

2009.10.09
19665_3_6511.JPG
現在の近鉄吉野線である吉野鉄道のクハ301形がルーツで、1929(昭和4)年に川崎車輌で製造された。吉野鉄道初の鋼製車輌で、一段下降窓を備えた片側2扉ロングシートの車輌だった。1938(昭和13)年に現在の名古屋線に移動したが、戦後再び南大阪線に戻り、1970年代まで活躍した。’66.5.2 南大阪線 矢田-河内天美 P:柿浦和敏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加