資料館

別府鉄道DD502

2009.01.05
09_01_05_befu%20.jpg
別府鉄道DD502は、1962年日立製のトルクコンバーターを装備した産業用機関車45t機である。元新日鉄D4502で、1978年に別府鉄道に入線した。別府港から山陽本線土山までの多木化学の製品輸送に活躍した。当時の編成は混合列車で、ワムの最後尾に客車ハフ7が連結されていた。別府鉄道は1984年1月31日をもって廃止された。 ’83.8.11 土山 P:佐野 徹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加