資料館

京阪電鉄1900形(旧1810系3扉・非冷房時代)

2008.10.27
08_10_27_keihan.jpg
京阪電鉄1900系の内旧1810系グループは昭和31年に1800系の増備として、車体を1m延長し後の標準車体となった。1900系が登場すると1900系に編入され台車も空気バネに履き替え・窓に保護棒を設置した。その後は1900系の一員として活躍したが、シールドビーム化の際に写真のような特徴あるライトケースに入れられた。その後昭和60年に冷房改造を行ったが、この時点で車齢30年近くの車輌を冷改するのはあまり見られなかった。その際1914以外は中間車になり、1914は1900のような前面に改造された。本年中之島線開通に伴い引退したが、車齢50年を超えた車輌もあり、長寿を誇った。 ’82.4 京阪電鉄本線 P:深山剛志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加