資料館

高松琴平電鉄 60形65号

2008.08.07
08_08_07_kotoden65.jpg
京浜急行の木造制御車(1914年頃製造)のクハ5220は戦時中相鉄線に転属しクハ3140となり、戦後の63系の割り当てを受けた際に(1948年)見返り供出として高松琴平電鉄に7輌が譲渡された、その内の志度線・長尾線に配属された72号は1960年に日車標準に似た車体を新造し電動車化され60形65号となる、1966年に昇圧改造をうけ、1994年以降は志度線で使用され、850形とのデコボコ編成で使用された。その後2006年に長尾線に転属になったが車体の老朽化が予想以上に進んでいたため、2007年11月に引退した。 ’82.8 志度線 瓦町 P:深山剛志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加