資料館

東葉高速1000系

2008.07.31
08_07_311000.jpg
東葉高速1000系ですが元たどれば営団地下鉄(現東京メトロ)5000系(5810)で、譲渡車の中でも元ファンデリア付き車はこの1051編成の両端と中間の僅かで、外見的には客窓の淵にRが付いていること、車内では天井高さが低い(2~3cm位)ので、吊り広告の高さが若干低く、リコ付き吊革の跡が残る車輌もあった、また台車は勝田台寄り先頭(写真)の一部にはオリジナルのFS358を履いているのもあったが、廃車発生品を流用し末期には総てFS502Aになっていた。 ’00年 東西線 浦安─南行徳 P:田中健吉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加