資料館

南海電鉄阪堺線 モ101形

2008.02.13
67_04_23.jpg
梅鉢鉄工所と日本車両1924(大正14)年に製造された14m級ダブルルーフの木造車。昭和初期から中期の阪堺線を代表する車輌。1930年(昭和5)年、モ101という形式名に改められ、戦争で3輌が被災した3輌を除いて、戦後は101~117という車番が当てられた。1967(昭和42)年4月23日、117号によってさよなら運転が行なわれた。同日我孫子車庫では仲間の解体作業が進んでいた。 ’67.4.23 阪堺線我孫子道車庫 P:柿浦和敏
国鉄時代vol.12好評発売中!。詳細はこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加