資料館

津軽鉄道オハ31

2007.10.22
31.jpg
鉄道省が1927(昭和2)年から1929(昭和4)年にかけて製造した17m級鋼製客車のスタンダード車種。津軽鉄道には26・51・75の3輌が譲渡され、「ストーブ列車」として長らく津軽平野を走っていたが、1983(昭和58)年、オハ46に置き換えられた。26号は現在鉄道博物館に復元保存されている。 ’82.8.1 津軽五所川原 P:松本テツヤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加