資料館

北大阪急行電鉄2000形

2007.09.25
20000_kei.jpg
1970年の大阪万博に合わせて開業した北大阪急行の車輌で、当時の関西では珍しいステンレス車体を使用していた。大阪市営地下鉄御堂筋線との相互乗り入れのため、市営30系と同じ仕様であったが、窓が大きく内装が親会社である阪急に近い使用になっていた。1986年に後継車8000系が登場してから御堂筋線と伴に冷房化が進み平成5年に引退した。 ’80.1 桃山台 P:深山剛志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加