資料館

総武流山電鉄 クモハ1203+サハ62+クモハ1205

2007.09.21
881103%201203F%28%E6%B5%81%E9%A6%AC%29%20%E3%80%80%E2%91%A1%20.jpg
’79~’82年に西武鉄道からやって来た元501系を種車の3両編成。この編成は’79年8月に入線した編成(クモハ509,サハ1509,クモハ510が種車)で、空色+白帯で登場。愛称も「流馬」。西武時代とは後部標識灯が埋込式になった以外ほぼ、原型で使用。又サハの種車が17m501系のサハの為、側窓、車体高さ等が前後で異なっていた。この「流馬」号、’97年冷房、カルダン車の西武の後輩(801系改造)に譲って引退した。 ’88.11.3 流山 P:梶村 昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加