資料館

京阪京津線 262+263

2007.07.27
262_263.JPG
三條から急行できて、旧・浜大津駅でスイッチバックして石山寺に向かうブリルを履いた262+263。260形は1957(昭和32)年から1968(昭和43)年にかけて26輌が製造された。1次車から4次車の4タイプに分かれ、写真の1次車は’57年のナニワ工機製で、両運転台、片開2扉。’70年にパンタ化され、’71~’73年にかけて片運転台化された。’97年の大津線昇圧の際にこの1次車はすべて廃車されている。 ’63.4 浜大津 P:柿浦和敏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加