資料館

名古屋鉄道 3800系

2007.06.15
870820%203823F%202B.jpg
名鉄における第二次大戦後初の車輌。当時の旧運輸(=現・国交)省私鉄標準規格型車輌で’48~’49・’54年71輌製造。小田急1910形、山陽820形等が兄弟車。登場時は旧名岐区間1,500V昇圧による東西直通運転開始のタイミングに当たりその象徴車輌に。2扉ロングシート。二段窓で性能はモ800形と変らず、間接自動加速式抵抗制御式。登場時ダークグリーンで後、ストロークリーム+赤帯を経てスカーレット化。’71年以降老朽、陳腐化の車体更新を兼ね7300系へ30輌更新。残った車輌は部分更新を経て扉間転換クロス化される等、優等からローカルまで汎用にこなす。更新後も戦後すぐの車輌で痛みが激しく、’90年までに全車引退、形式消滅した。 ’87.8.20 名古屋本線 伊奈 P:梶村昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加