資料館

西鉄 1300形

2007.02.13
nishitetsu1300.jpg
1200形の後を受けて不足する特急用として増備された1300形です。 1000形~1200形はオールMの新造車でしたが、1300形は経費削減のため中間M車のみを新造し、制御車は昭和26年製の旧600系をベースに台車を1100/1200形タイプのものと履き替えて2編成登場しました。 ブレーキ方式は西鉄で初めて採用された非常弁付電磁直通エアレー キ(その後登場した2000系や5000系と同じ方式)でした。冷房機器の 搭載が難しかったために、結局1000形~1200形より一足早く引退をしてしまいましたが、塗装が変更された以外は廃車までほとんどオリジナルの姿を残していました。 ’81.4 二日市車庫 P:吉村元志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加