資料館

遠州鉄道 モハ34+クハ84

2006.11.30
850814%20.jpg
浜松駅至近の新浜松~西鹿島間約18km余の中小民鉄。全線単線12分ヘッドのフリークエンシーサービスを実施し利用者から「あかでん」の愛称で親まれる。この30系(モハ30形クハ80形)車両が1958年から新製・機器流用含め1980年まで製造。写真は1962年新製で当初はミュージックホーンを搭載(後撤去)。吊掛駆動ロングシートとはいえ2輌で1輌に見える広幅全周ホロ等、この時期の中小民鉄の中では豪華車輌であった。この編成1989年まで活躍。冷改されず新車と代替消滅した。 ’85.8.14 西鹿島線 旧遠鉄浜松~旧遠州浜松(信) P:梶村昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加