資料館

C57 11

2006.09.29
c5711%20.jpg
1937(昭和12)年9月、汽車会社にて新製、小郡機関区に配置。1946(昭和21)年、門司機関区に転属。門司配属時代は特急「かもめ」の専用機となるなど華々しく活躍。門デフにステンレス製の波頭にかもめの装飾をほどこされていた。1956(昭和31)年、米子機関区に転属、翌’57年、豊岡機関区へ。播但線、山陰本線、福知山線で活躍。晩年は鷹取式集煙装置が取り付けられ、美観を大きく損なった。写真は、まだ集煙装置を装備する以前の美しい姿。大阪発18:30頃の福知山線篠山口行きの普通列車。1972(昭和47)年11月、福知山機関区で廃車後、豊岡市立野町中央公園に保存された。 ’66.6 大阪 P:永野晴樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加