資料館

三菱大夕張鉄道 DL‐55NO.1

2006.05.25
img339DL55.jpg
1973(昭和48)年に三菱重工で製作された55トンクラスのディーゼル機関車で、動力性能は国鉄DD13 111以降と同じである。ただ、台車がDD13のものとは異なり、三菱重工オリジナルである。このディーゼル機関車3輌の投入で9600形蒸機を駆逐し、無煙化を成し遂げたものの、石炭産業そのものが立ち行かなくなり‘87年には鉄道廃止。それとともに廃車、譲渡先も見つからないままに解体されてしまった。 ’74.9.14 清水沢 P:青柳 明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加