資料館

小田急 2400系

2006.05.11
M6504001.jpg
小田急2400系は4輌固定編成でHE車とよばれ先頭車が16.5m中間車が19.5mと変則的な長さを持つ車輌でした。1959(昭和34)年から1963(昭和38)年までの間に、1963年までに29編成116両が製造。1983年までは急行の箱根湯本行きに必ず使用されていました。本線では9000系の6輌編成との混成10輌編成も見られました。 ’79.7 柿生 P:深山 剛志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加