資料館

C12 230

2005.12.20
C12 230.jpg
1939(昭和14)年日本車輌製。宮原機関区、西舞鶴機関区、米子機関区、加古川機関区を経て1972(昭和47)年3月に中津川機関区に配属。明知線を中心に運用された。明知線のC12の運用は中津川を早朝4時54分単機で出て恵那から463レで明智に14時19分着、終点の明智で1泊し、翌日8時46分発の462レで恵那へ戻り、単機回送で中津川に18時18分帰区するという、2日間にまたがるまことに悠長な仕業だった。1973(昭和48)年11月木曽福島機関区に転属、翌1974(昭和49)年6月廃車。現在は愛知県西尾市に静態保存されている。’72.12.28 中津川機関区 P:山下修司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加