資料館

C57 80

2005.12.02
C57 80.jpg
1939(昭和14)年三菱重工製。名古屋機関区から浜田機関区に転属、晩年は山陰本線で活躍した。新幹線岡山開業を記念して1972(昭和47)年3月から岡山で交通博覧会が開催されたが、そのイベントの一環で浜田からこのC57 80を借り受け岡山〜糸崎間に〈交通博号〉が運転された。写真はその際のもの。運転開始日前日に機関区構内で慣らし運転をしていた。デフには交通博のシンボルマークを取り付けてあるが、ヘッドマークはまだ枠だけである。煙室前端が直角になったタイプ。スノープラウは先端が開閉する浜田機関区独自のものを装備。同年7月に廃車となった。’72.3.19 岡山機関区 P:山下修司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加