資料館

筑波鉄道キハ541

2005.08.03
541.jpg
張り上げ屋根に荷台付きというミスマッチなこの気動車は、意外と車齢が若く1957(昭和32)年日本車輌製。もともとは北陸鉄道能登線用の客車コハフ5301として竣功したもので、1963(昭和38)年に気動車化、能登線廃止後に筑波入りした。わが国で最後まで残された現役荷台付き気動車であった。’79.5.5 真鍋 P:名取紀之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加