資料館

デト212

2005.08.22
デト210のコピー.jpg
1954年東急車輌製の大型電動貨車で、当初は2911・2912であったが1957年に改番された。昇圧には井の頭線からの電装品を使用して対処。主に工事用列車に使用され、中間にレール運搬用のチキ270を2輌挟んだ4連で使われることが多かった。チキ270は元玉南の1形(京王2000形)の台枠と台車を使用して1956年に誕生した。チキ270は1986年に廃車、デト210は80年代半ばにグレーに塗色変更され、1995年にデワ5100に役目を譲って廃車された。’68.3.24. 桜上水 P:青柳 明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加